首イボ30代 40代首イボ

30代〜40代、出てきてしまった首イボの対処法は?

 

 

30代や40代になってから出てきてしまう、首イボ。

 

 

首元に気になるものがあると、
スカーフなどで隠したくなったり、

 

首の周りが開いた服を着られなくなってしまったり、
おしゃれするのに苦労してしまいますよね。

 

 

この首イボの原因は何なのか、
そして、対処法はあるのか?

 

それをこれからご紹介します。

 

よろしければ、お付き合いいただければ幸いです。

 

 

 

 

困る首イボの原因は何なの?

 

 

30代・40代でできてしまう首イボの大きな原因は、
「スキンタッグ」という老人性のイボと、
ウイルス性のイボの2種類が大きく分けるとあります。

 

 

この中で一番多いのは、
老人性の首イボになります。

 

 

この首イボの正体は、
古くなった角質が皮膚の表面に溜まって
固まってしまい、イボになってしまうのです。

 

 

基本的に、皮膚が柔らかい場所にできやすく、
30代を過ぎた女性に発症が目立ってきます。

 

 

この老人性イボは、良性の腫瘍なので、
すぐさま人体に悪影響を及ぼす事はありませんが、

 

イボに服やアクセサリーなどが
こすれることによって、炎症が起こってしまう事があります。

 

 

 

首イボを倒す!よく効く成分は何だろう?

 

 

 

さて、この古い角質が原因の首イボですが、
どうすれば無くすことができるでしょうか?

 

 

古い角質は、肌の再生(ターンオーバー)の効率が悪いことで
起こってしまうので、肌の再生の調子を整えていくことが重要です。

 

 

では、このターンオーバーを
良い状態に戻すのに効果的な成分はなんでしょうか?

 

 

 

おすすめしたいのは、まずは「ヨクイニン」という成分です。

 

ヨクイニンとは、ハトムギエキスとも言われ、
皮膚の新陳代謝を高めて、
新しい細胞を作る時に必要な成分になります。

 

 

ヨクイニンには、ビタミンBやナイアシンが多く含まれています。

 

首イボのほかにも、30代過ぎてからの顔にできるニキビは
ビタミンBが不足するために起こるので、こちらにも効果が見られます。

 

 

ヨクイニンは、肌の角質ケアの美容商品や
サプリメントに配合されており、色んな方法で摂取ができます。

 

 

そして、もうひとつオススメしたい成分は、「あんずエキス」です。

 

 

あんずエキスに入っているパルミトレイン酸には、
肌の再生機能を助ける役割があり、
肌の老化を防ぐのに重要な成分になります。

 

 

パルミトレイン酸は、
人間が生まれ持っているものですが、

 

加齢によって減少し、
特に30代から分泌量が低下していきます。

 

 

ですので、パルミトレイン酸の入った
美容商品を続けて摂取することで、肌の老化を防ぐことができます。

 

 

このふたつの成分を摂取することで、
徐々に首イボが薄くなってきます。

 

 

効果が出てくるまでの目安は、3ヶ月から半年くらい。

 

継続して摂取することで、少しづつ効果が現れてきます。

 

 

肌に良い成分のヨクイニンとあんずエキス。
ぜひ、試してみてはいかがでしょうか?

 

 

⇒杏エキス配合コスメなら!