首イボ10代 首イボ20代

10代や20代でも気になる!首イボの原因と治し方!

 

 

 

老人性の首イボ。

 

それは、基本的に30代を境に現れると言われています。

 

 

それなのに、10代、20代の時点で首イボができてしまった!

 

これは、どうすればいいの?何が原因なの?

 

 

と言うわけで、10代、20代のうちからできてしまう首イボの
原因と対処方法を、調べてみました。

 

 

ご覧ください。

 

 

 

 

若いうちにできてしまう首イボの原因は?

 

 

10代・20代の若いうちにできてしまう首イボは、
大きく分けて2つの原因が見られます。

 

 

1つは、老人性のイボ「スキンタッグ」
そして、もう1つは、青年性の「疣贅(ゆうぜい)」です。

 

 

10代・20代でも、肌のターンオーバーがうまくいかずに
皮膚の代謝がおかしくなってしまうと、
いわゆる老人性の首イボができてしまう事があります。

 

 

これは「スキンタッグ」とも呼ばれ、肌の代謝が悪いままだったり、
そのまま、古い角質が残ってしまうと、大きくなり続けたりしてしまいます。

 

 

もう1つの原因の「疣贅(ゆうぜい)」は、
10代〜20代の女性に多く見られる、ウイルス性の疾患になります。

 

 

ヒトパピローマウイルスというウイルスが原因で発症してしまい、
首イボに繋がってしまいます。

 

 

 

 

スキンタッグと疣贅(ゆうぜい)、ふたつの対処法は?

 

 

さて、このスキンタッグと疣贅(ゆうぜい)の2つの首イボ、
それぞれの対処方法をご紹介します。

 

 

まず、前者のスキンタッグタイプの首イボは、
肌の代謝が悪くなるのが原因なので、
肌の代謝に効く成分を摂取する事が重要になってきます。

 

 

ヨクイニンという、ハトムギ由来の成分は、
昔から肌の代謝を良くして、
ターンオーバーを促してくれる事で有名です。

 

 

ですので、ヨクイニンを含んだ美容商品や、サプリメントを
摂取していくと、徐々に改善される可能性があります。

 

 

ヨクイニンは、ハトムギエキスとも表記されるので、
ハトムギエキスを摂取する事でも改善できます!

 

 

 

そして、後者の疣贅(ゆうぜい)は、
治療をしなくても、自然に治ってしまうことがあります。

 

 

肌のターンオーバーが進むにつれて、皮膚の表面に感染した
ウイルスが剥がれ落ちて、自然と治ってしまうというのが理由です。

 

 

ですが、ウイルスが活発に動いてしまったり、別の部位に
感染を繰り返してしまう場合は、

 

ターンオーバー以上の速さで
感染をしてしまうので、なかなか治らない場合があります。

 

 

 

この場合は、皮膚科での治療を行う必要があります。

 

 

皮膚科では、液体窒素で凍らせて、
数回の治療に分けて首イボを取るという方法になります。

 

 

ですが、一説ではさきほど説明した「ヨクイニン」の摂取により
改善されるという報告もあるので、
10代〜20代の首イボには、ヨクイニンの摂取が効くと思われます。

 

 

ヨクイニンを摂取する際に注意をしたいのが、
即効性が無いという点と、アレルギーです。

 

 

ヨクイニン(ハトムギエキス)は、穀物由来の成分なので、
穀物アレルギーや大麦アレルギーを持っている人は注意が必要です。

 

 

そして、ヨクイニンは即効性が無いので、
3ヶ月ほどを目安に、気長に摂取することが重要になってきます。

 

 

若い方も、首にできるイボはとても気になって、
おしゃれもしづらくなってしまうととても悲しいですよね。

 

 

ですので、とれる対策を取って、早めに治して
迷いなく首元を見せられるようになると良いですね。

 

⇒首イボ除去のコスメなら!