首イボ除去 市販薬口コミ

首イボ除去に効く市販薬は?その市販薬の口コミはどうなの?

 

 

首イボが気になるとき、
市販薬の購入を検討する方が多いかと思いますが、
首イボ除去のための薬が何種類かあるかと思います。

 

 

そんな時、どれを使えばいいのか悩んでしまいますよね。

 

 

首イボ除去として有名な市販薬をいくつか例に挙げて、
それの効果などを調べて、
どれがよく効くのか、リスクがあるのかを調べてみました。

 

 

よろしければご覧ください。

 

 

 

イボコロリやカソーダは首イボに効くの?

 

イボを除去する時にパッと思いつくのは、
「イボコロリ」という分かりやすいネーミングの商品かもしれません。

 

 

さて、このイボコロリは、首のイボにはどう効くのでしょうか?

 

 

イボコロリには、サリチル酸という成分が配合されており、
イボやウオノメなどを溶かして剥がすという仕組みになっています。

 

 

これを首イボに使うのは、正直に申しまして少し危険なのです。

 

 

なぜなら、首は皮膚が薄く、デリケートな部位になります。

 

 

ですので、足の裏などみたいに
分厚い皮膚が出来ているわけではありません。

 

 

イボコロリは、とても強力な成分を使っているので、
皮膚が強い場所には安心して使うことができるのですが、

 

皮膚が薄い首のイボに使うと、
下手をしたら皮膚の症状が悪化してしまう危険性があります。

 

 

 

 

これと似た商品で、カソーダというものもあります。

 

カソーダは、重曹やひまし油で自作することもできるお手軽な商品で、
患部に塗ることで、イボがかさぶたのように
なってゆき取れてしまうというものになります。

 

 

カソーダも、即効性はあるのですが、リスクが若干高い商品です。

 

 

これも、強いアルカリ性の商品なので、
患部以外に塗ってしまったり、肌が弱い場合は、
これも肌を悪化させてしまう可能性があります。

 

 

イボコロリもカソーダも、肌が弱かったり、使い方を間違えると
状態が悪化してしまうため、オススメはしづらいです。

 

 

 

じゃあ、どんな商品がおすすめなの?

 

 

では、肌の状態が悪化しづらい、
リスクのない商品は何になるのか?

 

 

そこをお話していきましょう。

 

 

リスクの少ない、ほとんどないと言える成分は、
「ヨクイニン」という成分になります。

 

 

 

ヨクイニンは、ハトムギ由来の成分で、
昔から角質ケアの成分として美容商品に使われてきました。

 

 

主な働きは、配合されているビタミンBやナイアシンの力によって、
肌の新陳代謝を促進したり
、新しい肌を生成してくれる役割があります。

 

 

多くの首イボのできる原因は、肌の新陳代謝の力が弱まって、
皮膚の代謝がうまくいかずに残ってしまい、
残った角質が固まってイボのようになってしまうことにあります。

 

 

ヨクイニンが効いてくるのは、
数ヶ月かかってしまい即効性はありません。

 

ですが、リスクがほとんど無く、じわじわと効いてくれる成分なので、
肌が弱い人などにも安心してお使いいただけます。

 

 

ヨクイニンは、角質ケアの美容商品によく入っているので、
チェックしてみると良いかもしれません。

 

 

ヨクイニンと同じ成分で「ハトムギエキス」とも表記されている
商品も、同じ効果が見られますので、
それもチェックしてみると良いかと思います。

 

 

 

即効性を求めるのなら、
やはり多少のリスクを背負わなければいけなく、
リスクを少なくするには、時間をかける必要が出てきます。

 

 

その面を考えられたうえで、対策を取ることをおすすめします。

 

 

⇒首イボをコスメで対策するなら!